資産運用

資産運用

資産形成をお考えの皆様へ

「お子様の進学資金を効率よく貯めたい」
「老後に備えて、ゆとりある生活を送るための資金を安全かつ有利に運用したい」

長引く低金利、超高齢化社会の到来による老後への不安など、
将来に向けて資産を安全に且つ効果的に増やしたいと考える方が
年々増えています。

財産形成と資産運用

栃木リスクマネージメントセンターは財産形成と資産運用として次の4つのアドバイスを行っております。

1 リスク分散や国際分散投資のアドバイス
2 リスクコントロールのアドバイス
3 ポートフォリオマネジメントのアドバイス
4 資産の性格による運用のお手伝いアドバイス

資産に名札を付ける!

A日常生活にて使うお金
光熱費や食費など日常の生活費などは、すぐに使える資金として引き出しやすい状態にしておくことが大切です。

B目的の為に貯蓄しておくお金
使用時期が来たときに、使用目的に適した金額を確実に用意しておくことが必要です。いざ使うときに足りない!ということがないよう、安全性に重点をおいて運用しましょう!

C目的もなく、ただ置いてあるお金
ただ口座に置いておけば資産が増えたかつての時代と違い、積極的な運用をおすすめします。“いつ”“何のために”“どれぐらい”必要なのかという「目標・目的」を明確にしたうえで、しばらく手を付ける必要がない資金であれば、“収益性”を重視して運用を始めましょう!

そのためにまず・・・
「お金」に名札をつけることが重要です!


長男の大学進学資金
17年後までに300万円

老後の備え
20年後までに1,000万円

時間を味方に付ける!
将来に向けた資産を「コツコツと積み立てる」にしても「預け替えによって運用する」にしても、 目標・ゴールへの期間が長ければ長いほど、資産形成の効果は大きくなります。

金利を味方につける!

72の法則をご存知ですか?
<72÷金利=資産が倍になる年数>

1金利3%・・・72÷6=12年
2金利3%・・・72÷3=24年
3金利0.1%・・・72÷0.1=720年!!>今から720年前は鎌倉時代!!

分散投資でリスクを抑える

資産運用における有名な格言で「タマゴをひとつの籠に盛るな」というものがあります。
商品(預金・国債・保険・株式など)や通貨(円・米ドル・ユーロ・豪ドルなど)を分けることで、実は、大切な資産を運用する際のリスクを抑えることが出来るのです!
我々TRCでは、お客様の大切な資産を安全に且つ効果的に運用していただくために、様々なアドバイスやご提案をご用意しております。
まずは、ご自身のライフプランや資産内容、資産形成の目標を明確にすることから始めてみませんか?
じっくりとご納得いただくまで、ご相談に乗らせていただきます!

PAGE TOP