よくある質問

よくある質問

1, 保険代理店の人は何をしてくれるの?

保険は大切なものと皆さんお考えです。ではどのくらいの保険に加入すればよいか、おわかりでしょうか?
死亡時に1,000万円?2,000万円?
また、保険は死亡時だけではなく、病気で療養された時に役立つ医療保険や、資産形成に役立つ保険も有ります。多種多様な保険を適切に組み合わせ、最大の効果を発揮させるということは容易なことではありません。
そこで我々保険代理店の出番です。
お客様のご要望や生活の状況から、一番安心できる保障プランを作成するお手伝いをいたします。お子様の成長や、マイホームの購入など、人生にはお金のかかるイベントがたくさんあります。それらも考慮しながら、最適なプランを組み立てる為のツールやノウハウが、私たちには備わっております。
また、我々TRCでは、保険商品を扱うディーラーとしての保険代理店である前に、時としてお客様の為に保険会社とも交渉出来る“お客様の代理店”として活動させていただいております。
あなたの人生を実り多いものとするために、是非一度お気軽にご相談くださいませ。

2, 自分の家計を話すのは不安

確かに、他人に家庭の内情を話すのは不安なものです。
しかし、お客様にとって最適なライフプランを作る為には、お客様の収入や資産などを可能な限り正確に把握する必要があります。さらに言えば、家計の状況を把握しないままで出された提案では、本当の意味での安心が得られないということです。
平均値を元に概算でのシミュレーションを作成することも出来ますが、どこかに綻びが生じるかもしれません。
将来のご自身のために、私どもにお話いただければ幸いです。お客様との信頼を第一に考え、守秘義務にのっとり誠実に対応させていただきます。

3, 代理店だと保険料が高くなるんじゃないの?

最近では特に自動車保険などで、通販による格安な保険料を提案する商品も数多く登場しております。
それらに比べると、人件費等も加味して代理店経由では余分な保険料が取られてしまうのでは?と考えておられる方も数多くいらっしゃるかと思います。
しかし実際には、我々が扱っている商品であれば、通信販売で加入していただいても、我々代理店で加入していただいても、お客様に支払っていただく保険料に変わりはありません。
同じ保障内容・同じ保険料であれば、しっかりとしたコンサルティングや加入後のアフターフォロー、給付金請求時のアドバイスなどのサービスが付く代理店と、すべてご自身で行わなければならない通信販売とでは、どちらを選択されますか?

4, 結局、押し売りされるんじゃないの?

従来の保険販売のイメージは、人間関係を築いて“お付き合い”として加入するものでしょうか?ともすれば、訪問回数が多くなりすぎることや、勧誘がしつこくなりすぎることもあったかもしれません。
我々TRCでは、純粋に商品の魅力とお客様へのサービスで、お客様にお選びいただきたいと思っております。
ですから、保険のプロのコンサルタントとしてアドバイスすることはあっても、決して無理におすすめすることはいたしません。お客様と共にプランを作り上げ、ご納得いただくことを最優先に考えております。もちろんそのプランを採用されるかどうかは、お客様次第です。

5, みんなどんな保険に入っているの?

お客様お一人お一人にそれぞれの人生設計・ライフプランがありますので、必要な保障もそれぞれに異なってきます。
ただ、一般的に生命保険で準備できる保障としては、おおまかに分類すると、「万が一(死亡時)」「入院/介護」そして「老後」の3つの分野がございますので、その各分野をカバーできるような保障が望ましいと考えます。
お客様の生活状況や将来の夢・ライフプランによって、必要な保障の優先順位やそ払える保険料などに違いがありますので、オーダーメイドのように、あなただけのプランを組み立てるお手伝いをさせていただきます。

6, 親が入れてくれた保険だから、内容が良く分からないんだけれど・・・

ご両親がお子様のことを想ってご準備される保障と、お子様がご自身のライフプランを考慮してご準備される保障とではその目的・ニーズが異なることが一般的です。
ただ、ご年齢のお若いうちに加入された保障は新たに加入し直すよりも有利な条件の場合が多いので、まずは現在の内容をしっかりと把握することが重要かと思われます。そのうえで、良いものは大切に継続し、必要のないものは除いていくという作業が必要です。
ご両親の想いをお子様へ、親子間の愛情のリレーをしっかりとお手伝いすること、それも我々の大切な役割だと考えております。

7, 歳をとっても入れる保険はありますか?

ございます。現在ではご高齢の方だけでなく、健康状態に不安のある方でもご加入が可能な商品も多数販売されておりますので、そのなかから、お客様のご要望に沿ったご提案をさせていただきます。
もちろんご高齢の方でも健康状態に自身のある方でいらっしゃれば、より有利な保障内容の商品もご提案できますので、あきらめずに、是非お声かけ下さいませ。

8, 資産運用ってお金持ちのものでしょ?

確かに、富裕層の方ほどご自身の資産を上手に分配・運用し、将来のリスクに備えていらっしゃるというケースは多数みられます。
しかし、昨今の社会情勢、公的年金に対する不安や雇用の不安定化などを考慮すると、実は中間層、一般的なご家庭の方ほど資産の形成・運用が非常に大切になってきます。
ご自身だけでなく、大切なお金にもしっかりと且つ安全に働いてもらうことで、豊かな生活・実りある時間を、大切な人と過ごしていただきたいと我々は考えます。

PAGE TOP